ひげ脱毛と髭剃りの特徴を把握して使い分けよう

何度処理してもすぐに生えてくるひげに悩んでいる方は少なくないでしょう。チクチクした濃いひげは周囲にマイナスの印象を与えかねません。ここではひげを処理する代表的な方法であるひげ脱毛と髭剃りについて紹介しています。

両者の特徴を把握して肌状態やお悩みなど、目的に合わせて使い分けることが美しい肌を維持させるコツです。

「白髪の髭脱毛は何が違う?」

ひげの処理方法には脱毛と髭剃りがある

チクチクしたひげは不快感がありますし、見た目にもよくありません。デザインひげはオシャレポイントになりますが、無精ひげはだらしない印象を与えかねないです。男性は男性ホルモン分泌が女性より多いこともあり、ひげが濃くなりやすい傾向があります。

女性の場合は男性ほど濃くはなりませんが、男性ホルモン分泌が多い体質の女性だと髭剃り後にチクチクしたり、青く目立ったりするケースはあります。それほど濃くないならば髭剃りで対処できますが、太くてチクチクしているなら脱毛が必要でしょう。

髭剃りとはシェービングのことであり、剃るだけなので処理してもすぐに生えてきます。ひげが生えるスピードが速い男性だと、朝に髭剃りをしても夕方になると肌がザラザラしてくるケースがあります。ひげを剃れば一時的にツルツルになりますが、皮膚内部にはひげが存在しているのです。

そのため青く見えてしまい、老けてみられる要因になるのです。そんなときひげ脱毛をすれば、毛根からしっかりと処理できるのでツルツル肌が長く持続します。一般的に脱毛をすれば2~3週間はツルツルが継続します。

セルフケアのひげ処理といえば髭剃りが基本

ひげは体毛のなかで最も濃くて、脱毛処理によって薄くするのは容易ではありません。家庭用脱毛器で腕毛やすね毛などが薄くなったという声は少なくありませんが、ひげを薄くするのは難しいです。何より家庭用脱毛器は顔には使えないものが多く、脱毛ワックスも敏感な部位への使用は不可とするものが大半です。

そうなれば自宅でひげ脱毛をできる方法は毛抜きで1本ずつ処理する方法に限定されてきます。しかし数千本もあるひげをすべて毛抜きで抜くのは大変ですし、皮膚を挟んで出血したり埋没毛・毛嚢炎になったりするリスクもあります。

そうなれば自宅でひげを処理する方法は髭剃りが主流になるでしょう。髭剃りのメリットは短時間で完了することですが、一方で処理してもすぐに生えてくるので、必然的に処理頻度が増えて肌荒れを促進させます。肌があまり強くない男性が毎日髭剃りをすると、乾燥したりボロボロになったりする可能性があります。

髭剃りのダメージを減らすためには、シェービングフォームやジェルを使用してひげを十分にやわらかくし、髭剃り時の摩擦抵抗を減らしていくのが効果的です。さらに剃ったあとは保湿液で十分なうるおいを与えていくことも重要です。

ひげ脱毛はプロに任せるのがよい理由

自宅でできるひげ処理である毛抜き脱毛は、肌を引っ張るような刺激を伴います。抜くときに皮膚が引っ張られますので、処理後は盛り上がったり赤くなったりするのです。さらに毛抜きでの処理を何年繰り返していても、ひげが薄くなることはありません。

雑草を抜いても再び生えてくるのと同じ理屈であり、再生を抑えるには毛根へのアプローチが欠かせないです。エステや医療脱毛なら毛根を弱体化させられるので、処理を重ねるほどチクチク感がなくなって、ふんわりした感触に変化していくでしょう。

ひげ脱毛は他の部位よりも時間がかかり、例えば腕脱毛と比較して2倍以上の回数と期間になることが多いです。女性の場合はエステ脱毛でもかなり薄くできますが、男性の場合は医療脱毛をおすすめします。エステ脱毛で使用される光を照射しても、ほとんど薄くならないケースがあるからです。

ボディのムダ毛は目立たなくなったけど、ひげだけはほとんど変わらないという話は多いです。こうした男性は医療脱毛が最適であり、6回くらいの処理でかなり薄くできます。

ひげがなくなるメリットとは

男性ならばひげが生えていたほうがカッコ良く見える人も一部にいるでしょう。昔なら男はひげが生えていて当たり前とされており、無精ひげを生やしていてもそれほどネガティブな印象は持たれませんでした。しかし今は時代が大きく変わっており、長く伸ばしたひげは不潔というレッテルを貼られやすいです。

例えばファッション雑誌は現在における流行が顕著に反映されています。これはテレビにも言えることであり、テレビに登場する俳優やタレントさんなどは、昔と比べてツルツル肌の人が増えたでしょう。ツルツルした肌は美肌の象徴と捉えられており、その考えは男性にも広まっているのです。

ひげ脱毛をしてひげをなくせば、当然ながら自宅で髭剃りをする必要はなくなります。毎朝処理していた面倒から解放されますし、肌ダメージが修復されて本来の美肌に戻っていくのです。髭剃りは肌を乾燥させますし、角質を薄くしたり免疫力を悪化させたりします。

ひげを生えなくする脱毛は、美顔になる一番の対策になるわけです。

結局のところひげ脱毛と髭剃りはどちらを選ぶべきか

うっすらとひげが生えている程度であれば、たまに髭剃りをする程度で問題ありません。一方で毎日髭剃りが必要なほどチクチクしているなら、剃るだけで対応するのは難しいでしょう。今はまだトラブルを感じないかもしれませんが、人間が年を取るのと同じように肌も弱っていきます。

髭剃りにより肌の乾燥が毎日継続するようになったら、ひげ脱毛に変えるのが得策でしょう。エステや医療脱毛はゴールがある脱毛ですから、髭剃り負けで肌が弱くなっている男性に最適です。毎日の髭剃りが面倒で困っている、髭剃りをすると肌が乾燥・肌荒れする、といった方はひげ脱毛を利用するメリットが大きいです。

ひげ脱毛をしたら肌が透明感を取り戻し、顔色が明るくなったという話は数多くあります。色白の人ほどひげが生えていると肌が黒く見える問題がありますので、髭剃りよりも脱毛を検討してください。あとは年齢サインが目立ち始めた人、肌が弱くなったと感じる人などにも脱毛をおすすめします。

両者の違いを把握して使いこなそう

ひげを処理する方法は大まかに分けて脱毛と髭剃りです。

簡易的に処理したいなら髭剃りが便利ですが、根本からひげを生えなくするには脱毛が必要です。ひげ脱毛を成功させるにはプロの施術を受けるのが得策で、エステや医療脱毛ならツルツルにできます。

ひげがなくなればツルツル美肌になれますし、肌荒れを遠ざけるメリットも期待できます。